マンション購入のポイント

憧れのマイホーム購入。まず最初に迷うのが、一戸建てを購入するかマンションを購入するかってことですね。
もちろんどっちもマイホームに違いはありませんが、どちらも高価な一生のお買い物。買ってから後悔ということは避けたいですよね。
ということで、ここではまず、マンションを購入する場合のチェックポイントを何点か挙げてみたいと思います。
マンション納入時の重要な視点ですが、だいたい以下のような大きく分けて4つのポイントに分けることができます。

不動産情報アトラスジャパン

【マンション購入のポイント】

1)トータルで考えたポイント
2)設備
3)マンションの構造
4)内覧会のポイント
5)予算
です。
これらのポイントを押さえてマンションを購入するといいと思います。
それぞれのポイントについては、別にページを割いて詳しく書きたいと思いますが、ここではまずさらっと概要について触れてみたいと思います。

1)トータルで考えたポイント

例えば、トータル面ですが、これは立地条件、階層(高層階なのか低層階なのか)、販売会社はどこか?駐車場は立体なのか、それとも平面駐車場なのか?また、最近のマンションでは様々なサービスを提供しているマンションもありますし、中にはコンシェルジェがいるような高級志向のマンションもあります。自分が何を重視するのか、それらをよく検討してからマンションを選ぶようにしましょう。

2)設備

次に設備面ですが、例えば畳の大きさ、オール電化なのかガス併用なのか?ゴミ置場は清潔さが保たれるような配慮がされているか、自分で持っていくのか?管理人が家の前まで取りに来てくれるのか?他にも、バルコニーの大きさや設備(洗い場があるか?等)やエレベーターの位置、数、サービスルームの有無や共有設備(トレーニングルームや来客用ルーム)の有無等です。

3)マンションの構造

マンションの構造もとりわけ重要です。最近は耐震偽装なんかもありますしね。コンクリートの厚みや耐震構造、地盤補強なんかもしっかりチェックしましょう。

4)内覧会のポイント

購入検討中には何軒もマンションの内覧会に行くかと思いますがその際にもポイントがあります。時期的には何時頃行けばいいのか、どれくらいの時間をかければ良いのか、自分たちの緊急度や切実さによっても変わってきますし、自分が見たいポイントをしっかりと精査した上で内覧会に臨みましょう。

予算

予算も大事なポイントの一つです。

 

マンション購入時の考慮すべき最優先事項(ポイント)

マンション購入のポイントをいくつか挙げたわけですが、最も優先すべき最重要ポイントというのは、もちろん人それぞれだと思います。
例えば、資金や予算が少ない人は金額を重視する人もいますし、どうしても高層階に住みたい、という人もいるでしょう。
また、マンションのメリットの一つである、防犯性を重視したいという人たちもいると思いますし、その人たちによって最優先事項というものは変わってくるはずです。
大事なのは、マンションの購入を決めたら、まずは自分が譲れない点をいくつか箇条書きで書き出してみて、優先順位別に並べてみることです。そうして、自分たちが最も優先すべきポイントを整理していくのです。

例えば、予算が決まっていて、これ以上は出せないという金額が決まっているのであれば、最優先ポイントはマンションの価格になりますし、広さや、階層(例えば、高層階がいいとか、逆に1階で庭付きのマンションにしたい等(にこだわりがあればそちらを優先すべきです。

このように、マンション購入時のポイントといっても、重視するポイント優先すべきポイントというのは人によって千差万別です。

マンション購入初心者がよくやりがちな失敗ですが、あれも大事、これも大事とポイントを全く絞りきれずにマンションを探してしまうことです。
こうなると、物件を選ぶのに多くの時間がかかってしまい、結局最終的に迷っている間に他の人に先を越されて購入されてしまうということになりかねません。

ですので、まずは自分自身の中での優先順位を決めておきましょう。
優先順位をしっかりと決めておけば、例えば、価格と広さで迷ったとしても、優先順位を参考にどちらをチョイスするか決めていけばいいのでマンション選定は比較的スムーズに進めることができます。

重視するポイント(最優先ポイント)を元に不動産(マンション)購入計画を進めることが後悔しないマンション購入のポイントになりますので、まずは、優先事項をリストアップすることがスタートです。

 

注釈

このサイトは不動産情報アトラスジャパンのホームページではありません。水戸市、内原、笠原氏周辺の不動産物件情報をはじめ、不動産賃貸アパートマンションなどや不動産法務サポートオフィスとしても活動しています。

不動産を買い替えする時の注意点
>>不動産の買い替えと注意点