不動産の買い換えと注意点

家やマンションを購入する場合、初めて購入する人と、今住んでいる不動産(家やマンション、アパート等)を売って(売却して)、再度別の不動産を購入するというふた通りのパターンがあるかと思います。

初めて購入する場合は、購入の知識がない分いろいろと調べたりすることは必要になります。
逆に、今住んでいる不動産を売却して買い換え、住み替えを前提とする場合は、今の家やマンションを売ることが必要になってきますので、資金確保の面から考えると、できるだけ高く家を売る必要が出てきます。

高くというと語弊があるかもしれませんが、通常は今の不動産(家やマンション)を購入する際に、住宅ローンを組んでお金を借りて購入している人が大半かと思います。

そして、新しく家を買うタイミング、つまり、同時期に家を売るのですが、そのタイミングでも住宅ローンが残っている人が多いと思います。

そうすると家を売却する際に、住宅ローンの残高を全て支払いができる金額、できれば、次の購入資金に回せるくらいに、住宅ローンの残高よりも高い金額で家やマンションを売りたいわけですね。

その場合は、やはり、しっかりとした不動産屋に仲介をお願いして、しっかりとした査定をし、販売活動をしてもらう必要があります。
また、今住んでいる家やマンション等の不動産を売る(売却する)タイミングと、新居を購入するタイミングをできるだけ合わせる必要も出てきますので、スケジュール管理が必要になります。

ということから、初めて家やマンション(不動産)を購入する場合に比べて、買い換え(今住んでいる家やマンションを売って新居を買う)場合の方が、いろいろと気を使うことが多いですね。